あしあと

自分自身のログ(足跡)となります。ソフトウェアエンジニアです。ブログはテック系の内容が少し多めです。

ソウルの相鉄ホテルズに宿泊した感想(2019年6月)

f:id:pyo_hei:20190713133522j:plain
ホテルの入り口に置いてある大きいブラウンのぬいぐるみ

2019年6月に韓国旅行した際の話です。
相鉄ホテルズ ザ スプラジール ソウル 明洞」に宿泊したので感想を書きます。

旅の前提

  • ソウルに1人旅行
  • ソウルは初めて
  • 旅行は二泊三日

相鉄ホテルズとは?

日本や韓国、台湾などに宿泊施設を展開している会社です。

sotetsu-hotels.com

今回はソウルにある相鉄ホテルズに宿泊しました。

どうやって探したか?

Googleのホテル検索で探しました。

www.google.com

条件は忘れてしまいましたが、

  • ソウル駅から徒歩で行くことができる
  • ジムがある
  • 4つ星以上
  • 一泊1万3000円以下
  • 英語 or 日本語対応がある

で探したはずです。あとは見た目を比較して、このホテルにしました。
正直徒歩で行くには少し遠かったです。

部屋の様子

部屋は一番ランクが低いタイプにしました。部屋の様子としては以下のような感じです。

f:id:pyo_hei:20190713134259j:plain
ベッド

f:id:pyo_hei:20190713134331j:plain
お風呂と洗面(ベッドの横にあります)

f:id:pyo_hei:20190713134416j:plain
トイレとシャワールーム(洗面の横にあります)

率直な感想としては、浴槽がベットの横で驚きでした。

部屋で気をつけるポイント

机・椅子がない

韓国式なのか、椅子がなく、PC作業をする場合は1階のラウンジで作業する方が良いかと思います。

トイレ・シャワーの扉はすりガラス

写真ではわかりにくいかもしれませんが、ベット->浴槽->トイレ・シャワーとなっています。
そして、トイレ・シャワーの扉はすりガラスです。

つまり、ベッドからトイレの姿が見えてしまいます。着替える場所もないので、シャワーの出入りも丸見えです。

なので、2人で泊まる場合は、お互いの状況が見えて気にならない関係である必要がありますw

その他の施設

写真に撮るのを忘れたのですが、

  • レストラン(バー?)(1階)
  • ジム(地下1階)

などがありましが。ジムはランニングマシンとエアロバイクが数台で、あとは、

と、

が合体した様な器具が1つありました。
一通りの部位の筋トレばできたので良かったです。

対応全般

日本語を話せる方がおり、チェックインはスムーズにできました。全員が話せるわけではなく、その場合は英語で対応しました。私が宿泊した時は、日本語を話せる方は胸に日本国旗のバッジをつけていました。

日本のホテルなのか、各種対応は本当に丁寧でした。

部屋の掃除も丁寧で、快適に過ごせました。

感想

2泊したのですが、部屋は綺麗で良かったです。

市庁駅も徒歩5分くらいの距離で、コンビニも周りに複数あるので便利でした。メインストリートから中に入ったところだったので夜も静かでした。

韓国や海外に慣れていない方は選んでも良いなーと思いました。

ただ、ソウル駅からは15分くらい歩くので、ソウル駅近くが良い場合は検討が必要かと思います。

韓国は辛いものが多いので、整腸剤を飲むのはオススメですよ(アフィリエイトをねじ込んだ)。

マイプロテインを半額で初購入 + チャット対応も良かった

最近トレーニングをし始めたので、プロテインを飲んでいます。
マイプロテインも候補にあったのですが、送料の都合上、購入していませんでした。

インスタを見ていたら、

f:id:pyo_hei:20190711082825p:plain

の広告が出たので、即購入。
現時点(2019-07-11 8:00:00)で見ると広告がないので、終了した可能性がたかそうです。。。

チャット対応

今回購入した時に配送住所を間違えてしまいました。
なので、一旦キャンセルをして再度購入しようとしましたが、クーポンは利用できず...

仕方ないのでチャットで依頼をしました。

f:id:pyo_hei:20190711083334p:plain

チャットが可能になると、緑色に光ります。
チャットは海外の人が翻訳しながら進めている感じがしましたが、対応自体はとても丁寧でした。

対応としては再度クーポン利用はできないので、一度アカウントを削除して、もう一度、登録&購入を促されました。システム的にはいまいちな感じはしますがカスタマーサービスの対応は適切で助かりました。

メールだと時間がかかるので、チャットは助かりますね。

それだけです。

韓国旅行で使用したiPhoneアプリ(2つ)

f:id:pyo_hei:20190711081532j:plain
韓国で撮影。このキャラはなんなのだろうか...

2019年6月に韓国旅行した時の体験です。

1人で韓国旅行に行きました。その時に使用したアプリを紹介します。
韓国旅行でオススメのアプリを紹介するブログは複数あります。しかし、10個や20個と、そんなに入れないだろ!という感じなので、実際に利用した最低限のアプリを紹介します。

実際に入れたアプリ

入れたアプリは2つです。

コネスト韓国地図

行きたいところの検索はこちらを使いました。

apps.apple.com

コネスト韓国地下鉄路線図・乗換検索

基本は上記の地図アプリで事足りるのですが、地下鉄をざっと見たい時には、こちらが便利でした。

apps.apple.com

なぜ、この2つなのか

基本はGoogleの機能で解決をしました。しかし、地図についてはGoogle Mapがそれほど正確ではありませんでした。経路検索で電車が出なかったり、バスしか出なかったりします。

なので、地図アプリのみ導入しました。

KENEST自体、韓国旅行をサポートするシステムのようなので、韓国旅行に行く際、目を通すことをオススメします。

www.konest.com

その他

翻訳系やレートは正直なところ、google検索を利用する方がよいと思います。

ちなみに、事前にsimカードを購入する場合は、

がオススメです。

simカードについては、以下にも書いています。

www.shohei.dev

VISAカードを使ってキャッシングする予定の場合は気をつけておくこと

f:id:pyo_hei:20190707225919j:plain
ソウル市内のATM

2019年6月に韓国旅行した際の話です。

海外通貨は事前に両替する人が多いと思います。しかし、私はキャッシングを利用して現地で通貨を引き出しています。

今回、韓国旅行でキャッシングを利用したのですが、少しハマったので書き残しておきます。

結論としては、VISA PLUSが対応しているATMでしか利用できないので注意が必要です。

海外でキャッシングとは

VISAカードやMastercardカードは世界の各国でキャッシング可能です。

国内では預金があるので、わざわざ金利を払ってまでキャッシングをする必要はありません。逆に、旅行先の国で預金をしていることは少ないと多います。

持っているクレジットカードがキャッシングに対応しており、利用するATMで対応している場合は、現地の通貨を引き出すことができます。

海外キャッシングについてはネット上にも記事がたくさんあるので、参考にしていただければと。

www.rakuten-card.co.jp

使用しているカードの利率によっては、両替よりも手数料がかかかもしれません。しかし、

  • 事前に両替金額を考える必要がない
  • クレジットカードがメインで現地通貨は最終手段なので必要最低限でよい
  • どこでも引き出せる

メリットの方が大きいので、私はキャシングを利用しています。(利用し始めたのは最近ですが)

きっかけは、上司と海外出張に行った際、上司がキャッシングを利用しているのを見て、真似し始めました。

韓国でVISAを利用したが使えなかった

今回、韓国旅行に行きました。そして、仁川空港でキャッシングをしようとすると、なぜかできなかったです。そして、他のATMに変えてキャッシングをするとできました。

その時はATMの不具合かと思っていましたが、ソウル市内のコンビニで再度両替をおこなうと全くできませんでした。すぐに「非対応です」となったり、引き出す最後に「非対応です」となりました。ATMを10件くらいチャレンジしてもダメでした。

f:id:pyo_hei:20190707225844j:plain
エラー時に出てきた内容

ちなみに、韓国でのATMキャッシング方法は、以下のブログが参考になります。

enjoyseoul.net

原因は「VISA PLUS」だった

ATMでは「VISA」と書いているので、キャッシング可能と思っていたのですが、実際は「VISA PLUS」が対応している必要がありました。

f:id:pyo_hei:20190707223929p:plain
VISA PLUSのマーク(https://www.softbank.jp/card/howto/shopping/overseas/ より拝借)

「VISA PLUS」についてはVISAのサイトに書いています。

www.visa.co.jp

説明には、

「Visa」または「Plus」マークのついたATMなら、現金が引き出せます※。
※地域によっては一部ご利用いただけないATMがございます。

と記載があります。韓国では「PLUS」マークが必要の様です。他の国でも必要なのかは調査不足なので、調べていただく必要があります。

結果的にどうしたか

PLUSが利用できるATMを見つけてキャッシングしました。

ちなみに、上記に貼ったVISAのサイトにも韓国や他の国で利用できるATMの位置が記載されていました。

f:id:pyo_hei:20190707224528p:plain
https://www.visa.co.jp/travel-with-visa/atm_info.html より

所感

キャッシングをするのは今回で2回目で、前回はラッキーだったのかもしれません。
今回は結構苦戦して辛かったので、次回以降は

  • 事前にキャッシングできる箇所を調べておく
  • VISA以外のカードも用意しておく

ようにしようと思います。。

ソウルの国立民俗博物館に行くなら日本語ガイドはオススメ

f:id:pyo_hei:20190706073016j:plain
国立民俗博物館の入口

2019年6月に韓国に行った時の経験です。

韓国旅行で国立民族博物館に行きました。行って良かったので、簡単に感想等を書き留めます。

国立民俗博物館とは

ソウル市にある、朝鮮王朝の跡地にある施設です。韓国の歴史を学ぶことができます。特に朝鮮王朝時代については細かく書かれているので勉強になります。

www.konest.com

こちらはKONESTでの紹介。

www.nfm.go.kr

こちらは、公式のサイト。Languageから日本語を選択できます。

日本語ガイドとは

日本語の話せる方による、施設のガイドツアーです。無料です。

入り口を入ったところにあるカウンターあり、その周辺で集合します。分からなければカウンターで聞けば良いと思います。
確か、1日2回ほど(11:00 / 15:00 ?)実施しているのでチェックしてみてください。

f:id:pyo_hei:20190706073053j:plain
入口を入ってすぐ。この右にカウンターがあります。

日本語の音声ガイドもレンタルできますが、私はレンタルしていないので評価はできません。が、ガイドの方が細かい背景も聞けるのでオススメです。

私の場合

私は平日に行ったこともあり、他に応募者が全くいませんでした(汗)。ガイドしてくださった方は韓国出身の方でしたが、細かいところまで日本語で説明してくださいました。

マンツーマンなので余計に良かったのかもしれませんw。

ガイド自体は1時間程度(本来は50分?)でした。施設は、

  • 常設展示室1 ... 韓国人の一日
  • 常設展示室2 ... 韓国人の日常
  • 常設展示室3 ... 韓国人の一生
  • 企画展示

でした。各言語のガイドがあり、ガイドさんごとに進め方は違う様です。

私のガイドさんは、3つのうち1つを選んで欲しいと言われました。どれも細かく説明すると1時間はかかると言われました。実際に展示物を飛ばしながらの説明でも1時間程度はかかりました。私はオススメされた常設展示室3を選びました。

ガイドさんによって方針は違う様で、全て回られる方もいる様です。

f:id:pyo_hei:20190706073211j:plain
村の入口を示していた木

感想

館内は日本語で書かれている部分もあるのですが、英語とハングルの場合も結構多く、日本語で説明していただけるのは非常に助かりました。

実際に口頭で教えてもらい、朝鮮王朝の仕組みを知ることができ、驚きました。中国には科挙があることは知っていたのですが、朝鮮でも同様の仕組みがあることは知らなかったです(単純に知識不足ですが)。

他にも、王朝での位を見分けるための方法や、勉強に対する考え、結婚の方式、葬儀の方法、お札の人物など、昔の日本とは全然異なっており、興味深かったです。勉強になることばかりでした。

歴史に興味のある人はオススメです。

f:id:pyo_hei:20190706073327j:plain
キムチの説明もありました

行く前に行っておくオススメの場所

f:id:pyo_hei:20190706073645j:plain
景福宮。人が多くいました。

f:id:pyo_hei:20190706073438j:plain
昌徳宮の中の建物の1つ。昔はここで王朝の行事が行われていた。

博物館(というよりもガイド)の前に、

に行っておくと説明がスムーズに分かるかもしれません。私は景福宮のみ見て、博物館の後に昌徳宮に行きました。後に行くと王朝の仕組みを理解して見れるので、それはそれで良かったです。

台湾と韓国に1人旅した個人的な感想

f:id:pyo_hei:20190704092449j:plain
今回お世話になったPeachの飛行機

先月(2019年6月)に、台湾と韓国に1人で旅行しました。ざっくりと旅行した感想を書きます。
あくまでも私の主観なので、参考になるかどうかは分かりません。

ホテルやお店のレビューは小出しに書いていきます。

前提

今回の旅行は、

  • 旅行サイトを利用せず、航空券(Peach)とホテルだけ確保
  • ほぼノープランで行って、飛行機の中や現地でプランを考える
  • 旅行はショッピングよりは歴史的な観光を中心に

でした。1人なので気楽に旅行しようと考えました。

行ったところ

行ったところはベタな所です。場所とか建物など統一はないですが、それぞれ以下の場所に行きました。

台湾

三泊四日です。

あとは台北ないをブラブラ散策しました。

韓国

二泊三日です。

あとはソウル市内をブラブラ歩きました。

感想

ここからは感想です。
数日行っただけの個人的な感想なので、それを前提に読んでもらえると幸いです。

言語の壁

よく台湾や韓国に行く人に話を聞くと、「日本語でも全然大丈夫〜」と言われます。実際、行った感想としては、日本語を話してくれる人は多いです。

台湾と韓国を比較すると、台湾の方が日本語を話せる人が多かったです。(歴史的な背景を考慮すると多分正しいと思います)

ですが、見た目は東アジア系で似ているので、

  1. 現地の言葉で話しかけられて答えれない
  2. 英語が話せれば英語
  3. 日本語が話せれば日本語

という感じでした。

日本語でも大丈夫なのですが、やっぱり現地の言葉 or 英語を話せることは旅行を話せる上で重要だなと改めて感じました。

日本人の英語力不足

個人的にもですが、日本人の英語力不足は改めて感じました。英語圏の旅行経験もあり、その時は仕方ないかなと思っていましたが、台湾と韓国に行き、両国と比較すると日本人は英語力が不足していると感じました。

話す、という観点だけでなく、街での看板やメニューの表記でも日本は英語が足りていないなと感じました。台湾では看板などは

  • 中国語
  • 英語
  • 日本語
  • (時々)ハングル語

で表記されていることが多く、少なくとも中国語と英語は必ず書かれていました。日本でも観光客が多い地域は英語を推奨しないといけないですねー。

主語が大きい話をしても何も変わらないので、まずは自分自身の英語力を上げる必要があるなと感じました。

食事

台湾でも韓国でも特に問題なかったです。
挑戦はしなかったのもあるのですが、基本的には現地の食べ物を食べましたが特に問題なかったです。

韓国はキムチが多かったので胃腸が疲れましたが。。

歴史

細かいことは書きませんが、

を訪れ、それぞれの歴史の一部を勉強しました。私は理系だったので、細かい世界史の勉強はしておらず、中学生までの知識でした。

しかし日本で学んだことが役立つこともありました。そして、知らないことも多くあり、勉強になりました。
一方で、日本で学んだ観点と、それぞれの国で考えている観点が違うことがあり、驚きました。

自国から見た異国、異国から見た自国は違うことを改めて感じさせられました。

物価

台湾も韓国も日本と変わらないと思って良いと思います。物によって値段は異なりますが、結構近いです。

公共施設が安い

台湾と韓国の両方で感じたことは、電車が安いことでした。
気軽に乗ることができました。ICカードも簡単に買うことができるので、買うことはオススメです。

行くのはオススメか?

個人的には、一度言ってみることはオススメです。それぞれで高めのホテルでも多くて10万以内で行くことができるので、海外に行ったことない人も是非オススメです。

その他どうでも良いこと

私は海外に行くと腸の調子が悪くなるのですが、整腸剤を飲む様にしたら結構良かったです。

あと、飛行機に乗る前、ビスコを買ったのですが、これも良かったです笑

江崎グリコ ビスコ 15枚×10箱

江崎グリコ ビスコ 15枚×10箱

他にも工夫したことは思い出せる範囲で書いていこうと思います。

イオンで使っているMOSという受発注システム

先日、買い物ついでにイオン(店舗)でお歳暮の注文をしました。
注文方法はレガシーなスタイルで、注文したい商品の札をとって、係の人に注文してもらう形式です。

注文してもらうのですが、単純に係の人がシステムに手入力しているだけです。係の人が入力している画面が見えるようにタブレットミラーリングしていました。

することはないので、見ていると、右下に「MOS」と表示されていました。気になったので軽く調べてみました。

MOSとは受発注システム

検索するとすぐに出ました。→ MOS

f:id:pyo_hei:20190701081433p:plain
画像は公式サイトのスクリーンショットです(https://www.mosjapan.jp/

受発注システムのようです。

一通りの機能は揃っていて、基幹システムとの連携ができるので、便利そうです。

それだけです。